女性に起こる妊娠線

女性の卵子と男性の精子がであい、受精し、子宮に着床することで妊娠が始まります。
不妊という女性が多くなっている現代では、妊娠ということへの知識を豊富に持っている方が多く、妊娠線についても多くの未婚女性が知識として持っています。
妊娠線は体重の増加と共にできる肉割れと同じです。
肉割れは男性にも女性にも、急激に体重がそうかすると起こる現象で、おなかにも太ももにも二の腕にも出来ますし、ひどい人の場合、腰やふくらはぎにも出来ます。
条件さえそろってしまえばどこ育毛剤でもできるのが肉割れの困ったところです。

妊娠線は肉割れのメカニズムと同じで、脂肪細胞が多くなりおなかが大きくなっていく過程で、柔軟性のない皮下組織が引っ張られるようにして避けた状態です。
肉割れよりも妊娠線の方がより急激におなかが大きくなっていくため、色が濃いという特徴があります。
皮下組織が思い切り急激に引っ張られることで、赤紫色に亀裂が入ってしまいます。

受精は男性と女性が協力しないとできないことですが、妊娠は女性にしかできません。
肉割れの中でも妊娠線は、女性にしか起こらない現象です。
おなかの中に赤ちゃんができ、その赤ちゃんの成長と共におなかが大きくなっていくことから妊娠線ができる、女性にだけあるリスクともいえます。
妊娠線について妊娠前に知識を持っていてほしいと当サイトでは考えております。
このサイトを通じ、妊娠線を理解し予防に役立てていただけたら幸いです。